電力自由化って私のような一般市民が得するの仕組みなの?という疑問を抱きながら、なかなか重い腰を上げることが出来なかったのですが、最近やたらと電気代が高く感じだしたので、ちょっと調べてみることにしました。

 

でも、私の住む関西のとある地域では、昔から電力会社と言えば『関西電力』の一択でした。
関西電力と言えば、各地に水力、火力、原子力といった発電所を有し、住宅地のすみずみまで送電線、配電線を張り巡らせています。
いまさら電力自由化といっても、他の会社に同じように安定した電気を供給できるの?という疑問が生じます。

 

送電線

 

新しく始めた電力会社と契約して電力が安定して供給されるの?といった疑問を解決していきたいと思います。

電力自由化のしくみ

  日本の電力自由化は、2016年4月からスタートした「電力小売り全面自由化」から本格的に各家庭への導入が進みました。

 

私たちが電気を使うまでの流れは、【発電所】で発電され、【送電線】を通って【変電所】へ送られ、各家庭や事業者へ【小売り】されます。
いろんな発電

 

新電力と言われる電力の新規参入事業者は、【小売り】の部分のみを担っている場合が多いです。
つまり、発電事業者から電力を購入し、従来の大手電力会社へ送電を依頼し、各家庭へ電力を提供しています。
新電力の中には発電も行っているところもあり、太陽光発電やガス発電など、従来より環境保全に考慮した電力を売りにしているところが多く見受けられます。

新電力の安定供給

  では、新電力の電力の質や安定供給はどうなるのでしょうか?

 

結論から言うと、新電力だからと言って、停電が起きやすくなるということはありません。
従来の大手電力会社と電気の質や安定性に違いは起こりません。

 

現状では、新電力と契約している場合でも、各家庭へ電力を送電するのは大手電力会社です。
なので、契約会社の設備によって電圧が不安定になったり、災害で停電が起きやすかったり、復旧が遅かったりという違いは起きません。
逆に大手電力会社で停電が起きると、新電力でも停電が起きます。

 

停電

 

 

新電力が発電を行っている場合も同じです。
電力は各家庭や事業者が使用する量と合わせて供給する必要があります。
多すぎても過負荷になるし、少なすぎると不安定になります。
電力の需要と供給のバランスは30分程度の瞬時のタイミングで調整する必要がありますが、万一供給不足が発生する場合は、送電を担う大手電力会社が電力の補給を行うので、特定の電力会社だけ電力が不安定になるということはありません。

電力会社を乗り換えるメリット

  大手電力から新電力に乗り換えるメリットはなんでしょうか?

 

電気料金が安くなる

自由化の一番のメリットはやはり、電気料金の低下です。

 

乗り換えると必ず安くなる訳ではないですが、新電力も独自で色々な電気プランを用意しています。
各家庭の利用状況にマッチすれば、今より安くなるプランがあるかもしれません。
また、携帯電話やガス、ガソリン、インターネットプロバイダなど、他のサービスとセットで利用することで、割引が受けれることもあります。

 

ゆくゆくは、自由価格競争により全体的に料金の低下の流れになるのが期待されます。
現時点では大手電力会社以外のシェアはわずかのようですが、過去にも固定電話や携帯電話、インターネットプロバイダのように、新会社が多く参入しシェアを競い合うようになれば、価格競争にも拍車がかかるでしょう。
節約

 

環境問題に取り組める

発電も行っている新電力には、再生エネルギー100%や、CO2排出量ゼロといった電力会社も在ります。

 

環境問題に真剣に取り組みたいと考えている方は、そういった電力会社と契約することで、エコに貢献することもできます。

 

CO2低排出の電力会社がシェアを高くすることで、国民の意識を反映した一つのモデルとなるでしょう。
環境保全

電力会社の比較

  実際に電力会社を乗り換えれば安くなるのでしょうか?

 

ここでは、各世帯構成別で年間の想定電気利用量を元にして、関西電力圏でどこの電力会社がお得かシミュレーションを行います。

世帯構成 電力量(想定) 関電従量電灯A
1人世帯 2,220kWh/年(185kWh/月)  49,812円/年( 4,151円/月)
2人世帯 3,840kWh/年(320kWh/月)  92,448円/年( 7,704円/月)
3人世帯 4,440kWh/年(370kWh/月) 110,016円/年( 9,168円/月)
4人世帯 4,800kWh/年(400kWh/月) 120,564円/年(10,047円/月)
5人世帯 5,400kWh/年(450kWh/月) 138,144円/年(11,512円/月)

※参考:総務省統計局の家計調査

 

■関西電力 従量電灯Aの料金プラン(2020年時点)

電力量 単価(税込み)
   0 ~ 15kWh 341.02円 最低料金
  15 ~ 120kWh 20.32円 1kWhあたり
121 ~ 300kWh 25.80円 1kWhあたり
301kWh ~ 29.29円 1kWhあたり

各社、従量電灯Aに準じて、基本料金+3段階の単価の料金プランとなっているところが多く、単価の設定を各社それぞれ変えています。
良く使う毎月の電力量によって、どの単価構成が一番お得かを検討します。
中にはシンプルな1段階の料金プランもありますが、その場合は消費電力量が多ければ多いほどお得になります。

一般家庭の場合、通常は季節によって電力使用量の増減が発生しますが、本シミュレーションでは、毎月均等の電気量と考えていますので、年間料金は実際と異なる場合があります。
また、概ね7時~23時頃に多くの電気を利用することを想定します。
※別途、燃料費調整額、再生可能エネルギー促進賦課金が必要です。
※蓄電設備などを使って夜間(23時~翌7時)の電力を多く活用する場合は、『時間帯別電灯』のプランを適用することで料金が大きく変わります。

1人世帯のお得プラン

電力量(想定) 関電従量電灯A
2,220kWh/年(185kWh/月)  49,824円/年( 4,152円/月)

消費電力量が少ない場合は、電量会社を乗り換えても料金はそれほど大きく安くなりません。
ポイントや付帯サービスで選んだほうが、お得な場合があります。

 

■おすすめ電力会社

SoftBank おうちでんき

SoftBank ‭49,356‬円/年( 4,113円/月) ★年間468円の節約

・ソフトバンクとの契約回線(インターネット、スマホなど)10回線まで、1回線につき月50円の割引
  (契約から2年間は月100円の割引)
・解約時に解約事務手数料500円が必要

ENEOSでんき(関西Aプラン)

ENEOSでんき 47,724円/年( 3,977円/月) ★年間2,100円の節約

・2年契約でさらに割引あり
・ENEOSカードでの支払いで、ガソリン代1円/Lの割引、
  もしくは電気代月100円の割引となる
  (カードの種類による)
・2年契約でない場合は、解約時の手数料不要
・電気料金の支払いでTポイントの付与

出光昭和シェル(Sプラン)

出光昭和シェル ‭48,684‬円/年( 4,057円/月) ★年間1,140円の節約

・「カーオプション」により、1ヶ月に200Lまでガソリン代が
  2円/L割引
  電気自動車の場合は、電気代が月200円引き
・解約時の手数料不要

 

2人世帯のお得プラン

電力量(想定) 関電従量電灯A
3,840kWh/年(320kWh/月)  92,448円/年( 7,704円/月)

300kWh以下の料金が低く抑えられているプランだと、お得になります。
ポイントや付帯サービスと組み合わせると、さらにお得になります。

 

■おすすめ電力会社

looopでんき(おうちプラン)

loopでんき ‭86,016‬円/年( 7,168円/月) ★年間6,432円の節約

・基本料金0円、一律22,40円/1kWhのシンプルプラン
  使うほど、お得になる。
・解約時の手数料不要
・自然エネルギーの普及を目指す会社

ENEOSでんき(関西Aプラン)

ENEOSでんき 87,264円/年( 7,272円/月) ★年間5,184円の節約

・2年契約でさらに割引あり
・ENEOSカードでの支払いで、ガソリン代1円/Lの割引、
  もしくは電気代月100円の割引となる
  (カードの種類による)
・2年契約でない場合は、解約時の手数料不要
・電気料金の支払いでTポイントの付与

HISでんき(プライム関西)

HIS ‭83,796‬円/年( 6,983円/月) ★年間8,652円の節約

・従量電灯Aに準じ9%OFFのプラン
・HISの国内・海外旅行代金が、お1人さまあたり最大3,000円引
・契約2年未満の解約は解約違約金2,000円が必要

熊本電力(おうち電気B)

熊本電力 ‭81,600‬円/年( 6,800円/月) ★年間10,848円の節約

・従量電灯Aに準じるが、電力量が多くなるほど、単価が安くなる
    0 ~ 120kWh ☞ 22円/1kWh
  121 ~ 300kWh ☞ 22円/1kWh
  301kWh ~      ☞ 22円/1kWh
・消費電力が多くなればなるほど、圧倒的に安くなる
・解約時の手数料不要

 

3人世帯以上のお得プラン

世帯構成 電力量(想定) 関電従量電灯A
3人世帯 4,440kWh/年(370kWh/月) 110,016円/年( 9,168円/月)
4人世帯 4,800kWh/年(400kWh/月) 120,564円/年(10,047円/月)
5人世帯 5,400kWh/年(450kWh/月) 138,144円/年(11,512円/月)

120kWh以上の料金が低く抑えられているプランだと、お得になります。
さらに300kWh以上の料金が低く抑えられているプランだと、使う量が多いほどお得になります。

 

■おすすめ電力会社

熊本電力(おうち電気B)

熊本電力 ‭4,440kWh/年: 93,000‬円/年( 7,750円/月) ★年間17,028円の節約
‭4,800kWh/年: ‭99,840‬円/年( 8,320円/月) ★年間20,736円の節約
‭5,400kWh/年: ‭111,240‬円/年( 9,270円/月) ★年間26,904円の節約

・従量電灯Aに準じるが、電力量が多くなるほど、単価が安くなる
    0 ~ 120kWh ☞ 22円/1kWh
  121 ~ 300kWh ☞ 22円/1kWh
  301kWh ~      ☞ 22円/1kWh
・消費電力が多くなればなるほど、圧倒的に安くなる
・解約時の手数料不要

 

 

今回紹介した電力会社の料金比較ツールを作成しました。
電力料金比較.xlsxのダウンロード
使い方は、ダウンロードしたExcelファイルを開いて、「関西電力」シートの1月~12月の電力量を入力してください。
各電力会社のシートで、電力料金と関西電力との差額を確認できます。
※各社電力料金は保証するものではありません。
※万一実際の料金と差がある場合も、責任は問わないことを了承の上、ご利用ください。