ふるさと納税とは、好きな自治体に寄付ができる制度です。
寄付のお礼として、各自治体が用意している返礼品を受け取ることができます。
寄付による所得控除と、この返礼品をうまく活用すると、実はとってもお得な制度なんです!!

 

ふるさと納税はこんなにお得

  ふるさと納税の返礼品は、各自治体いろいろなものが用意されています。
食料品や電化製品、日用品、工芸品、旅行などなど、ありとあらゆるものがあります。

 

ふるさと納税はあくまで寄付が目的なので、普通に返礼品を購入するのに比べると2倍、3倍の価格のものもあります。
ではなぜお得かというと、ふるさと納税は所得控除が受けられるからです。

 

寄附金控除と住民税からの控除

ふるさと納税を寄付すると、「特定寄附金」の所得控除と合わせて、「住民税からの控除(特例分)」が適用されます。
ざっくり言うと、年間で寄付した金額から2千円を引いた金額が、所得税と住民税から控除されます。
寄付をすれば、普通に納税するより2千円多く支払う必要がありますが、その代わり返礼品を受け取ることができます。

 

 

はい!めちゃお得です!!

 

例えば、3万円の寄付をして、市場価格1万円の「お肉」をもらうと、所得税&住民税で2万8千円の控除が受けられるので、実質負担2千円で1万円の「お肉」をゲットしたことに!

 

さらに、追加で2万円の寄付をして、8千円の「オーブントースター」をもらうと、所得税&住民税で合計4万8千円の控除が受けられるので、実質負担2千円で1万円の「お肉」と8千円の「オーブントースター」をゲットしたことになります。

 

つまり、実質2千円の負担で返礼品をもらえるので、返礼品を貰えば貰うほどお得になります。

 

注意 
ただし、控除される額には上限があります。

 

控除上限額

控除上限額は納める所得税と住民税の金額によって変わってきます。
あくまで参考ですが、例えば、給与収入の年間600万で扶養する配偶者と子供が1人の場合だと、6万円前後が上限額となります。
上限額を超えて寄付は出来ますが、超えた分は控除対象とならないので注意してください。
※住宅ローン控除や医療費控除などの対象の場合は、上限額は下がるのでご注意ください。

 

控除額上限は以下のサイトで確認してみてください。
ふるさと納税控除額上限シミュレーション

 

 

 

ふるさと納税をすれば、本来自分が納税するはずだった、自治体への納税額が減ることになります。
今のところ、そこまで大きな影響はないかもしれませんが、返礼品に人気がない自治体は納税額が大きく減少し、公共サービスの質が低下するということに繋がるかもしれません。
自分が住む自治体の財政も意識するようには心掛けましょう。

 

返礼品の紹介

  返礼品にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

というか、ありとあらゆものがあります!

 

以下に返礼品の一部を載せています。これ以外にも色々あります。
必要なものが見つかればれば、ふるさと納税を検討してみましょう。

 

電化製品

電化製品

生活家電 インテリアランプ、LEDシーリングライト、ストーブ、ふとん乾燥機、空気清浄機、シュレッダー、ロボット、掃除機、アイロン、扇風機、電動歯ブラシ、洗濯機、ソーラーパネル充電器、腕時計
調理器具 ホットプレート、冷蔵庫、バーベキューコンロ、炊飯器、ホームベーカリー、トースター、電気ケトル、コーヒーメーカー
映像機器 テレビ、カメラ、プロジェクタ、BDレコーダー、スピーカー、イヤホン・ヘッドホン
健康器具 血圧計、体温計、体重計、マッサージ器、イオン発生器
パソコン・周辺機器 パソコン、ノートパソコン、タブレット、外付けハードディスク、キーボード

 

食料品

食料品

牛肉、豚肉、鶏肉
魚介類

マグロ、サーモン、鯛、のどぐろ、サンマ、アジ、サバ、カツオ、かんぱち、ヒラメ、カレイ、フグ、ウナギ、穴子、アユ、ヤマメ、イワナ、イカ、タコ、カニ、エビ、ウニ、イクラ、タラコ、数の子、アワビ、牡蠣、サザエ、ホタテ、しじみ、あさり、はまぐり、しらす、ちりめん、海苔、
ワカメ、海藻

主食 白米、玄米、餅米、餅、パン
麺類 ラーメン、うどん、パスタ、そうめん、冷麺
食材 卵、調味料、食用油、味噌、ドレッシング、だし、加工肉(ハム・ソーセージ・ハンバーグ・etc)、缶詰、豆腐、納豆、ジャム、乳製品、レトルト、漬物
果物 いちご、りんご、さんくらんぼ、メロン、みかん(柑橘類)、柿、桃、マンゴー、ブドウ、マスカット、ブルーベリー、梨、パイナップル、スイカ、バナナ、パッションフルーツ、イチジク
野菜 じゃがいも、イモ類、ニンジン、大根、根菜類、トマト、ピーマン、ナス、かぼちゃ、ねぎ、玉ねぎ、アスパラ、ブロッコリー、豆類、キノコ類、わさび、しょうが、にんにく、とうもろこし
お茶・飲料・アルコール ミネラルウォーター、牛乳、乳飲料、果実飲料、野菜飲料、炭酸飲料、お茶、コーヒー、紅茶、ビール、発泡酒、日本酒、焼酎、泡盛、ワイン、梅酒、ウイスキー、洋酒、リキュール類
お菓子 ケーキ、カステラ、焼き菓子、チョコレート、焼き菓子、チョコレート、お煎餅、おかき、スナック、駄菓子、ゼリー、プリン、アイスクリーム、饅頭、羊羹、大福、飴

 

雑貨

工芸品

日用品 食器、グラス、鍋・フライパン、包丁、研ぎ石、キッチンバサミ、まな板、溶岩プレート、スーツ、ベルト、ネクタイ、シャツ、靴、スケート靴、手袋、帽子、作業着、洋服、スラックス、寝具、机、椅子、ソファー、レンジ台、学習机、テレビ台、タンス、ベッド、掛け時計、絵画、キャラクターグッズ、ぬいぐるみ、文房具、玩具、ゲーム、ポストカード、フォトフレーム、本・CD・DVD、花束、盆栽、観葉植物、プリザーブドフラワー、芝生、石鹸、洗剤、タオル、シャワーヘッド、入浴剤、シャンプー、洗面用品、化粧品、美容用品、財布、鞄、楽器、ベビー用品、ステッキ、介護担架、車いす、自転車、レンタカー、カータイヤ、タイヤチェーン
工芸品 眼鏡ケース、鉄瓶、三線、印鑑、ふくさ袋、茶碗、積み木、茶筒、皿、お椀、グラス、表札、木彫り、硯、剣道防具、下駄、湯呑、置物、シーサー

 

旅行

旅行

旅行 ホテル・旅館宿泊券、食事券、レジャー施設利用券、ゴルフ場利用権、ホエールウォッチング、温泉利用券、カヤック体験、サーフィン体験、パラグライダー体験、川下り乗船券、乗馬レッスン、航空券

 

 

申し込み方法

  ふるさと納税を利用するにはどうすれば良いでしょうか?

 

インターネットで「ふるさと納税ポータルサイト」を使えば、ふるさと納税を行えます。

 

寄付のしかた

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を使って、寄付を行う流れです。

 

ステップ1 会員登録

 

「新規会員登録」をクリックし、ガイダンスに従って会員登録を行います。
さとふる会員登録

会員登録しておくと、上限金額の確認などができて便利です!

 

ステップ2 自治体と返礼品の選択

 

寄付を行いたい自治体やもらいたい返礼品の品目を検索して、返礼品を選択します。
さとふる返礼品選択

 

ステップ3 寄付手続きを行う

 

選択した返礼品で寄付金の申込み手続きを行います。
支払い方法はクレジットカードや、コンビニ払い、銀行振込などから選択します。
さとふる寄付金申込

 

寄付金の申込みはこの3ステップでOKです。

返礼品を受け取れば、あとは税金の控除を受けるだけです。

 

控除の受けかた

控除の受け方は2つあります。
一つは確定申告、もう一つは「ふるさと納税ワンストップ特例制度」です。
寄付しただけでは、控除は受けれません。
いずれも、自分で申告する必要があるので、申告忘れが無いように注意しましょう!

 

納税ワンストップ特例制度を利用できる人

 

ワンストップ特例制度は、わざわざ確定申告をしなくても、寄付をした自治体に申請書を郵送するだけで、控除が受けられる制度です。
確定申告に比べれば、断然簡単で手間は掛かりません。

寄付を1回する度に、それぞれ申請書を郵送する必要があります。

ただし、ワンストップ特例制度を利用できる人には条件があります。

 

条件1

給与所得者等で、もともと確定申告が必要がない人です。
年収2,000万円を超える給与所得者や、各種控除等で確定申告が必要な人は、確定申告で寄附金控除を申請する必要があります。

条件2
1月~12月までの間、寄附する自治体が5つ以内であることです。

同じ自治体に複数回の寄付をしても、1つと数えます。

 

ワンストップ特例制度の申請書は、ふるさと納税ポータルサイトなどからダウンロードできます。
右ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」

ワンストップ特例制度の条件を満たす場合でも、申請書を何度も郵送するが面倒なら、年一回の確定申告で済ますことも可能です。
基本的にはどちらでも、控除される金額は同じになります。
ただし、住宅ローン控除を受けている場合は、ワンストップ特例制度のほうが控除額が多くなるケースが発生しやすいので、ワンストップ特例制度を選んだほうが無難です。

 

※確定申告の場合、「所得税」と「住民税」それぞれから控除されますが、ワンストップ特例制度は同額を「住民税」のみから控除します。
住宅ローン控除を受けている場合は、「所得税」が既に0円になっており控除が受けれないようなケースがあるので、その場合は「住民税」のみから控除するワンストップ特例制度のほうが、控除額が大きくなります。